豆知識

COUNTIFS関数



下のような表があった場合。
会員名簿
空白になっている【D15】の値を求めるには、
複数の範囲からそれぞれの条件を満たしているセルを数え、
その個数を表す関数が必要となってきます。
この場合、「COUNTIFS関数」が有効的です!!

矢印

関数挿入方法
①【D15】を選択します。
②「関数の挿入」ボタンをクリックします。

すると・・・

矢印
関数の挿入ダイアログボックスが表示されます。
関数の挿入ダイアログボックス表示
③関数の一覧から「COUNTIFS」を選択します。
④「OK」をクリックします。

すると・・・

矢印
関数の引数ダイアログボックスが開きます。
関数の引数ダイアログボックス
⑤引数を入力します。
※【D4:D13】の範囲から「30歳以上」、【D4:C13】の範囲から「女」、
以上2つの条件を満たすセルの個数を表す、という内容となります。
⑥「OK」をクリックします。

すると・・・

矢印

関数の挿入ダイアログボックス表示
複数の条件に合うセルの個数を表示させることができました!





この授業内容は?↓
マンツーマン授業「ここだけ教えて!」ワンポイントレッスン
 

 
  • 予約空き時間連絡メール登録

  • 携帯サイト 携帯にURLを送る

  • Yahoo!プロモーション広告運用・管理代行サービス

  • 法人向けセミナー、社員研修などに!
  • 施設・教育機関パソコンセミナ 老人ホーム・幼稚園に!
  • 障がいのある方にとって「安心できる場所」に
  • パソコン設定 パソコン設定・修理・ウィルス駆除など
  • アライブブログ